くろにゃんこがやってきた

2012年11月 我が家に黒猫の女の子がやってきました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

避妊手術(2)

一晩お泊りの避妊手術。
「さっちゃんがいないと寂しいね」
なんて言葉がたびたび出てくる私たち家族でした。
二ヶ月の間に、咲耶がいるのがあたりまえになっていたんですね。


手術の次の日。
お迎えは診察時間内ならいつでもいいですよ、との事でした。
午前中二男の授業参観でしたので、どっちを先に済ますか迷いましたが、退院してきた日は一時間でもお留守番はさせたくないな・・・と思い、授業参観のあと、動物病院へ。

午前の診察時間ギリギリだったせいか、待合室にはもう誰もおらず、着いたらすぐに呼ばれました。


「咲耶ちゃん、頑張りましたよ^^」

と看護師さんに連れてこられた咲耶。
首にはエリザベスカラ―。

その咲耶さん。
診察台にキャリーと一緒に乗せられると・・・

早速自らキャリーの中へ入ろうとします。
ありゃ、意外と元気。


「あらあら、自分で入るの(笑)早く帰りたいんだね~」


そのまえに・・・と
手術の跡、そして摘出した卵巣、子宮を見せてくださり、家での注意、抜糸のスケジュール等の説明がありました。

手術個所はほんの数センチでしたが・・・

その周りにはなんとまあ・・・・
見事なハゲが(乙女なのにごめんよぉ^^;)


頭をよぎったのは大昔に読んだ「動物のお医者さん」(マンガ)。
あれもダイナミックに剃られていたなぁ。


それから支払いを済ませ、自宅へと帰りました。
こんどは、咲耶もいっしょ。
スポンサーサイト

ジャンル : ペット
テーマ : 猫と暮らす

[ 2013/02/09 16:44 ] ねこ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。